柏合気会中原道場について

稽古指針

合気道は和の武道と言われている。しかし本来は闘うための技、技術として発生し発達してきたものであるが、時代の変遷とともにその理念も変わり、現在は平和の武道としての面が強調されている。多くの人達が合気道の修行に取り組む動機、きっかけは人それぞれであると思う。武道、護身術として、美容のため、或いは演武の華麗さに憧れて、ストレス解消のため、単に強くなりたい、また自己完成の糧としたい等々、さまざまであるが、合気道の稽古はやり方ひとつで、どんな目的にも応じてくれる懐の広さを持っていると言われている。その中から自分に合ったものをとればよい。
但し、稽古は真剣に、あくまで武道の本質を忘れないように。
私達中原道場は、そのどれにでも応えられるような稽古を目指している。

指導者: 高柳 盛永
宇夫形 忠雄
青柳 敏弘
安藤 毅
鎮西 正憲
七段
六段
六段
四段
三段
会長:
理事:
会計:

会計監査:
青柳 敏弘
向山 雅康
山口 ひとみ
桜井 和彦
宇夫形 忠雄